インテリアショップのサイト

インテリアショップのサイト

私は、今お付き合いをしている彼とあるサイトで出会いました。
最初は軽い気持ちで、出会いなんて期待しないで、あるサイトを気に入り、毎日ちょくちょく見て行くようになりました。。
そして気になる書き込みを見つけたときに、私と彼とのつながりが一気に出来上がったのです。
私もこんなことになるとは予想もしていなかったし、彼氏を求めていた…わけでもなく、諦めていたときだったので、人生なにが起こるかわからないなーということを痛感しています。
なにごともやってみると人生が開かれるような気がしましたね。
サイトというのは、出会い系ではなく、普通のおしゃれなインテリア雑貨のサイトです。
私はインテリアデザイナーを目指していて、インターネットで色々な国の雑貨などを見て行く事が趣味だった。
そこのサイトに掲示板というものがあった。サイトユーザーが色々なコメントを残して行く場所だ。
そこに彼はいた。「誰かこのサイトの椅子について話しませんか」というコメントが残されていた。
最初は男だともわからずだった。私はそのコメントについていた写真に驚いた。
私がデザインした椅子の画像だった…。
正直かなり驚き、動揺を隠せなかったが、嬉しくもある。話しませんかって、この椅子にどんなイメージを持っているんだろう。
不思議に思いながら、そのコメントに書き込む事にした。「話しましょう」と言ってメールアドレスを交換した。
そして彼とのメールが始まった。
この椅子の作者が私だという事は早々に伝えて、どんな印象を持っているか早く聞きたかった。
それとこの椅子の画像をどこで手に入れたのかも知りたかった。

話して行くうちに色々なことがわかった、この椅子にとても良い印象を抱いている事や、この画像はインテリア好きの友達からもらったということもわかった。
そしてお互いの色々なことに興味がでてきた。
椅子を口実にあうことにした。インテリアデザイナーになりたい夢を抱えながら、就職活動中だった私は、ちょうどいい息抜きだとおもい会ってみる事にした。
待ち合わせは某駅…。私は就職活動の帰りだったので、スーツ。彼はいったいどんな格好でくるのかな。
どきどきする…。後ろから声をかけられた「ゆみちゃん?」(サイトで使っている名前)
はい!!と大きな声で返事をしてしまった。振り返ると、身長の高いさわやかな男の人が立っている。
会うなり突然「ゆみちゃん、こんなに可愛かったんだ!スーツだけどどうしたの?」
就職活動中だということを話しながら二人は歩き、レストランに入った。
ずっと容姿をほめられて、俺を彼氏にしてと何度も言われた。
正直自分に自信があまりなかったので戸惑ったが、彼氏に成ってもらう事にした。
彼はとても喜んでいたし、彼の働いているインテリアショップを紹介してくれるとも言ってくれた。
とても嬉しかった。就職先と彼氏を同時にゲットしてしまった気分だ。
今でもこの彼氏とはラブラブです。近々結婚しておしゃれなインテリアに囲まれながら一緒に生活する予定です。

 

【神奈川県|20代|女|就職活動生】